平成16年6月定例会産業経済委員会 7月23日


◆石井修委員
この災害についていろいろ情報を聞くと、毎日 5,000人ぐらいのボランティアが必要だと。今ほど我が党
の1、2期生の皆さんが現地で住宅の土砂を撤去する仕事に行ったということを聞いております。各地か
らのボランティアも来ているようであります。しかし、土日だけは 5,000人くらいの人が集まってくれる
のだけれども、ウィークデーはなかなか集まらないというふうな話も聞いております。
 県もそうですし末端の自治体もそうですが、お金がないということで、財政厳しい折ですから、こうい
う災害が起きましても、すぐやれという体制に頭がなっていないようです。なぜかというと、ただででき
ないかというふうなことに走っていっているような気がしてならないわけです。担当大臣や内閣総理大臣
まで来ていて、最大限の対応をしようという中ですから、テレビを見ていますと土砂を搬出する以前に、
1階の電化製品すべてがだめだということもあるでしょうけれども道路がそれで満杯で、まだ家の後片付
けというよりも、そういう物を搬出して道路が満杯になって、特に嵐委員の地元の三条市は道路が狭いと
いうことで、なかなか復興が難しいと言われております。しかし、こういう時期でありますので、ボラン
ティアだけに頼るのではなくて、県を挙げて支援要請を出して、1日も早く復興をするように努力をお願
いしたい。庁議メンバーで災害が起きてから何回か庁議を開いていると思いますので、より庁議メンバー
の中で打合せをしていただきたいということが一つです。
 もう一つ、今日少しテレビを見ていて興奮して委員会に遅れたのですが、新潟テレビ21、キー局はテレ
ビ朝日ですけれども、この災害についての対応の仕方、何かもう既に、誰かが悪かったのではないかとい
う犯人捜しをしているがごとき報道をしています。しかも、今日の一番終わりの幕締めは、何かこの災害
に対して応援しなくてもいいような印象を与えるような、わけの分からないタレント上がりのレポーター
が現地に来てそう感じたなどというような発言をしているようでは言語道断なんです。東京都、埼玉県、
秋田県あたりからもそれぞれ議会を通じて、議会同士で支援を頂いておるわけです。そういうことは見な
いで、ただ現地に行って何も分からない者が東京くんだりから来て、そこを見て何か犯人捜しをするため
にレポーターに来ているなんてことは言語道断であります。
 彼らが片一方的に画面から流すのは、止められませんから致し方ないとしましても、そういうかたがた
に言質を取られたり、何かをしないようにきちっとしなければならないと。調査に行っても全然市役所が
応対してくれないとまで言っていますよ、レポーターが。質問したいんだけれども、質問に答えてくれな
いとまで言っていますよ。そういうのを私テレビで見て今日少し憤慨したのです。こういう災害に当たっ
て、この地区は当然でありますけれども、やっぱり全国から支援を頂かなければならん話でありまして、
まだ災害で、やっと梅雨が明けたばっかりで、おとといまで雨が降る心配があったわけです。なのに全国
放送でそういうふうな報道をされたのでは、たまったものではないです。
 冒頭、地元の嵐委員から皆様に対するお礼がありましたけれども、そういう姿勢でお互いの助け合いを
するのであって、何も分からない者が来てすぐに行政の批判だとか、いわゆる体制を批判しているのかど
うか分かりませんけれども、中之島町は対応が悪いだとか、警報を出すのが遅いとかですね。昼飯食って
いて、自分の隣や自分の目の前の川があふれそうなのに安心して飯食っている者はいないのです。そうい
うことをいちいち取材に行って、それがすべてのごときの放送がされていることは、全く新潟県にとって
恥であります。そういうのは、聞くに堪えない話でありますので、県としてもそういうマスコミ等が取材
に来たときにきっちり説明してあげて、誤解のないように対応していただきたいということを、知事はじ
め担当副知事、部長方もきちっと対応するようにお願いをしておきたいと思います。以上2点です。

◎産業労働部長
災害の対応は被害状況も連日新しく判明するようなものもございまして、正にどういった形で情報を伝え
るかがなかなか難しい面があるかと思いますけれども、私どもといたしましては、着実に情報については
確認しながら、的確な伝達に努めていくということを基本にやっていきたいと考えています。

◆石井修委員
誤解のないように言っておきますが、別に現地の取材をしてはいけないとかと言っているわけではないで
す。その持って行き方が非常に不満だと。全体の意見なのか、取り上げていない 100人に1人の意見なの
かが大事なのです。取材は当然しなければならないでしょうし、報道の自由は認めますけれども、いかに
も何か意図的にどこかに持っていこうとするような感じが見えるものですから、そこは皆さん十分に配慮
していただきたいということを申し上げておきます。